2011年07月05日

地球に完敗

皆様こんにちは(*^・ェ・)ノ

先日、仕事終わりに豊平川の花火を見に行きましたよ!
すばらしかった!!と・・言いたいのですが・・・私が現場に着いてから3発あがって・・・
終了・・・っ!
でも・・・本当に綺麗でしたよ・・・あれ、どうしてだろう涙が止まらない(ノω・、) ウゥ・・・(もっと見たかった)

P1020845.jpg

でもいいんです!だって夜釣りへ行ってきましたから☆(初参戦)
今日は3Sを一旦お休みして、夜釣りの事を書いていきます♪

午前2時に会社前に集合して、撮影スタッフ+studioREBARDメンバーで小樽へ!
初参戦の私は、気持ちが高ぶり魚釣ったらたべられるんじゃ!?と思って自宅に寄りバーベキューセットを持ってきました!これが思わぬ形で活躍しますが・・・それはまた後のお話。

釣竿は撮影スタッフの一人が多く持ってたのでお借りしましたが・・・ルアーが無いっ!
なので小樽へ行く途中に手稲にある釣りセンターでルアーを一つ購入!
今思えばなぜこの時一つしか用意しなかったのか・・・(ノд-。)クスン)

そして無事小樽の釣り場に到着しますが・・・周りが真っ暗で何も見えません・・・。

明かりが欲しかったのでイカを焼く用にもってきたバーベキューセットで火を起こし、ひとまず明かりは確保しました。

P1020825.jpg

そしていざ夜釣り開始!なのですが・・・一投目で糸が絡まり、撮影スタッフの方にお願いしてなんとか直して頂きいざ、ルアーを海へ投げ込みました!すると・・・

「ドスッ!!」


あれ?何かしらこの音・・・普通海へ投げ入れたら「ポチャンッ」とか?水に落ちる音が聞こえるはずなのに・・・この・・音は・・?




「痛ーイッ!」


落ち着いて探すと・・・なんと!背中にルアーが刺さってる!?!?。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

脚本の真壁にお願いして取って頂きましたが、なかなか取れない・・・!そして痛い・・・。
もう・・釣りは怖いです・・・。

そしてその後2〜3投した後になんと・・・・!



おぉら掛かったぁ!!(;`O´)o/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ >゚))))彡




すごい・・!こりゃ大物だ!全然あがってくる気配すら無い!頑張れ俺!

……3分くらい格闘した後に、ある異変に気づきました。

「こ・・れ・・は・・地球を釣ってる?」

はい・・・地球さんでした。そりゃ大物すぎて私には釣れません・・・そして何度やってもルアーが地球さんから外れないのです。そして・・・

「プツンッ」

糸が・・・切れた・・・;



「終了〜♪」


ルアーは一つしか買ってません!もう・・・弾切れです!

そして僕はバーベキューセットの火をずーっと見つめながら火の番をしてその日は終わりました。
動かないのでかなり寒かったですが暖がとれてとても・・・助かりました。
(ここで持参したバーベキューセットが大活躍☆)


朝日が昇ってきた頃には、ロケーションの良さに撮影スタッフ全員が惹かれ、いつのまにかスチール大会になってました・・(笑)そのときの写真をUPして今日は終わります!

P1020833.jpg


=============================

今日の映画

=============================


ラストサムライ





ジャンル:アクション

ストーリー:
明治維新直後の日本。政府は軍事力の近代化を図ろうと西洋式の戦術を取り入れることを決断。一方で前時代的な侍たちを根絶させようと企んでいた。やがて、政府と発展著しい日本市場を狙うアメリカ実業界との思惑が一致、政府軍指導のため南北戦争の英雄ネイサン・オールグレン大尉が日本にやって来る。彼はさっそく西洋式の武器の使い方などを教え始めるが、ある時、政府に反旗を翻す侍のひとり、勝元と出会った。そして、彼ら侍たちの揺るぎない信念に支えられた“サムライ魂”を感じ取った時、オールグレンは失いかけたかつての自分を思い出していく。


監督:エドワード・ズウィック

出演:
トム・クルーズ
ティモシー・スポール
ビリー・コノリー
トニー・ゴールドウィン
渡辺謙
真田広之
小雪
小山田真
池松壮亮
湊葵
原田眞人
中村七之助


古き良き時代の 侍 魂 に深く感銘を抱いた作品です!

物語の後半に誰がどうみても、主人公側に勝ち目など無い合戦シーンがあるのですが、
歴史を振り返ってみるとこういった戦は数え切れない程あります。
勝ち負けではなく、
自分の持つ誇りと意志を命を以ってして守る!そんな侍達の魂を今一度感じさせてくれる映画です!



mixiやってます☆http://mixi.jp/show_profile.pl?id=36086757&from=navi

twitter呟いてます☆http://twitter.com/studiorebard
posted by studioREBARD at 18:15 | TrackBack(0) | REBARDの日常