2009年05月29日

まるごう(2)

RIMG0145.jpg

今回も「夢見る人形と星屑の旅を」の話です。

と、ここで突然ですが、前回と今回で使われている、タイトルの「まるごう」という言葉の意味、何だと思いますか?

合成シーンの時には、「カチンコ」と呼ばれる道具に、まるごう(○の中に合成の合の字が入ってる)と書きます。
そうすることによって、編集の時に「このシーンは合成です!」ということがすぐにわかるのです。

そのため、撮影現場では、合成シーンのことを「まるごう」と呼びます。

撮影現場には、独特な言葉がたくさんあるみたいですね!
みなさん、知っていたでしょうか?

そしてもう一つ。

前回の記事で出ておりましたCG合成の緑の背景についてです。

こちらは、ちゃんと監督に聞いておきました!
実は、合成をする時の背景の色は何でも良いのです!
ではなぜ緑なのかと言いますと、人間の肌に含まれていない色だと、編集作業がしやすくなるのです。

RIMG0133.jpg

いったいどんな映像が出来上がるんでしょうか!?
posted by studioREBARD at 23:24| REBARDの日常