2010年11月01日

SAPPOROショートフェスト その4 -上映の様子-

前回に引き続き、SAPPOROショートフェストの上映の様子です。
監督の皆さんが壇上に上がりました。

05.jpg

07.jpg


挨拶をする監督の芳井。
「夢を信じる力をテーマとして
子どもたちとかつて子どもだった大人たちへ伝えたい」と話しました。

06.jpg


そして、「夢見る人形と星屑の旅を」の上映が始まりました。

08.jpg

01.jpg

02.jpg

昼間の大通公園の会場に、ファンタジックな夜の世界を描いた映画が流れます・・・。



無事、上映が終わりました。沢山のお客様にお声を頂きました。

04.jpg

09.jpg

03.jpg

後で映画祭の方に聞いたところ、
このプログラムの入場人数は350人を記録したそうです。

「夢見る人形と星屑の旅を」はとても難産な映画で、
制作から上映まで1年半もの月日を費やしました。
エンドロールが流れた後に大きな拍手を頂いたときは、
「この映画を作って良かった」と心から思いました。
沢山の方達の応援があったからこそ、素晴らしい会場で
上映する事が出来たと感謝しています。

ご来場して下さった皆様、本当にありがとうございました。



posted by studioREBARD at 12:00| REBARDの日常