2010年09月30日

studio REBARD(スタジオリバード)ってどんな団体?

僕たちが事務所を構えるICC(インタークロス・クリエイティブ・センター)のwebサイトに、studio REBARDの記事が掲載されました!

ICCのwebサイト
http://www.icc-jp.com/ja/


今日の北海道新聞で僕たちの事が掲載されたので、そちらをご覧になった方も多いかと思います。
実は新聞の記事はICCのwebサイトの記事をまとめたものなんです。
ICCのweb版ではより深い内容のインタビュー記事が掲載されています。

代表・監督の芳井が映像制作を始めたきっかけや、今までどんな作品を創っているのかをまとめてありますので、分かりやすくstudio REBARDを知る事が出来ますよ。

しかも、なんと新作「夢見る人形と星屑の旅を」の予告編と
前回作品「リアの島」のトレーラーも見る事が出来るんです!
どちらも初公開です!

studio REBARDがどんな活動をしているのか、
ご覧になってください!


studio REBARDの記事はこちらから↓
http://www.icc-jp.com/features/2010/09/001205.php




posted by studioREBARD at 14:05| studio REBARD について

2008年01月31日

studio REBARD

監督芳井勇気を中心とした有志による映像制作集団です。
東京(2月1日現在)を本拠地として活動しています。

北海道出身者が多く、特に北海道への想い入れの強い団体です。
作品に関しては、北海道を主要ロケーションとし、北海道の有する自然の雄大な美しさと厳しさを映像の中で表現しています。
商業ベースとしてコンテンツを制作していくために、集団の明確な組織化と、技術力の向上、感受性の育成に現在、取り組んでいます。

-名称由来-
古来より、物語は語り手によって未来へと紡がれてきた。
bard(バード)とはケルト語で「吟遊詩人」を意味し、それに「再び」や「新たに」という意味をもつ接頭語reを加え「rebard」とした。
rebardとは造語であり、「現代の語り手」という意味を持たせている。



代表作『リアの島』

posted by studioREBARD at 15:51| studio REBARD について