2009年01月19日

ロケハン!!

恒例となった過酷なリバードのロケハン。
今回も最高のロケ地を見つけるべく東西奔走しております!!
DSCN0185.JPG
写真は『夢見る人形と星屑の旅を』のロケハンでの食事風景です。
素敵な笑顔で八角スペシャル定食を食べているのは制作主任の高橋君です。
DSCN0188.JPG
この時点で走行距離の合計は400キロ近く。
ハードな日程にあって食事はみんなのテンションがあがります。

『リアの島』に続いて『夢見る人形と星屑の旅を』でもロケハンにかなり気合を入れてるので、
どんな世界で物語が展開していくのか、
皆さんぜひ楽しみにしていてください。

それにしても、なんて美味しそうなんだ〜!!
posted by studioREBARD at 23:48| REBARDの日常

2009年01月10日

年賀状のキャラは誰?

いつのまにか松の内も過ぎてしまい、
お正月の雰囲気もどこへやら。
またあわただしい日々がREBARDにもおとずれています。

さて、意外と(?)「年賀状のキャラクターは誰?」
という質問が多かったので、お答えします。
彼女は『夢見る人形と星屑の旅を』と
並行して企画している作品の登場人物
「センリ(女性)」のイメージで、
デザインはREBARDの松野です。

松野には昨年の年賀状(下の画像)も担当してもらいました。
rianenga[1]...jpg
昨年の年賀状は『リアの島』の登場人物、
「朝」が大人になった姿がイメージされています。
実際の「朝」と比べてみてどうですか?

「センリ」について松野からコメントをもらっています。
松野『センリは主役ではありません。
    でも、力強さと繊細さを持った、
    自分が伝えやすいキャラクターでした。
    主役の周りを通しても物語を創造して欲しいです。』

『夢見る人形と星屑の旅を』とともに、
こちらの作品も楽しみにしてくれると嬉しいです。
posted by studioREBARD at 23:44| REBARDの日常

2009年01月04日

謹賀新年

2009nenga000(2).jpg明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
今年もstudio REBARDをよろしくお願いします。

studio REBARD初作品「リアの島」制作から2年経ちました・・・。
昨年は札幌エルプラザや立命館大学などで「リアの島」を上映できたおかげで、沢山の方にstudio REBARDが作る作品の雰囲気を知ってもらえました。
さて、今現在のstudio REBARDですが、企画を2つほど考えています。
その1つが、リアに続く第2回作品、その名も、
『夢見る人形と星屑の旅を』です。
実はもう監督が北海道入りして企画進行中だったりします。
ここでしか見られない映画制作舞台裏をどんどん公開していくので、
みなさん楽しみにしててください。

今年もstudio REBARDは“a Journey to Fantasy”をテーマに
作品を制作していきます。
昨年は滞ってしまったブログですが、
頻繁に更新していくのでチェックしてください。

それでは、今年も皆様とstudio REBARD共に
幸多き年になりますように!!

次回からは、『夢見る人形と星屑の旅を』ともう1つの企画についてふれていきます。
posted by studioREBARD at 22:55| REBARDの日常

2008年06月25日

えべつ環境広場上映終了!

お声をかけて頂いた『えべつ環境広場』にての上映会が終了しました。

お越し頂いた皆様。CA390181.JPG
本当にありがとうございます。

上映会の後は、芳井監督を交えたディスカッションで盛り上がりました。
観て頂いたお客様からたくさんのご意見が聞けてとても嬉しい場でした。

今後ともこのブログにて、上映イベントの告知を行いますのでよろしくお願いします。
次の上映会はどこになるのか??

studio REBARDの全国行脚は続きます!
ご期待ください。
posted by studioREBARD at 12:24| 告知

2008年06月20日

立命館大学映像学部 『リアの島』・『宝塚造形大学学生作品』上映会

来る6月22日(日)に行われる立命館大学映像学部 映像学会学生委員会企画『リアの島』・『宝塚造形大学学生作品』上映会(主催 立命館大学映像学部 映像学会学生委員会)が上映されます。
『リアの島』と『宝塚造形大学学生作品』全三作の合計4作を一挙に上映いたします。
上映の後には我らが芳井監督のトークショーも開催されます。

去年創設されたばかりの立命館大学映像学部、その第一期生の映像学会学生委員会企画により実現したイベントで、芳井監督の母校でもあります。

タイムテーブルはこちらのようになっております。

13時30分(学生)開場
13時45分(一般)開場
14時開会
14時15分 一部 宝塚造形大学 学生上映会
 1、「青いトンボ」(30分)
 2、「いろはにほへと」(53分)
 3、「濡れた太陽」(40分)
 ディスカッション「学生映画について」
17時00分 二部 『リアの島』上映
18時10分 三部 芳井監督トークショー
18時40分 閉演

4作品の上映+トークショーと内容が非常に濃いものとなっており、さらに入場無料のイベントです。
お近くの方はぜひ立命館大学まで!
たくさんの方のお越しをお待ちしています。

○アクセス
立命館大学衣笠キャンパス 充光館 地下301教室
http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_kinugasa_j.html
Tel 075-465-1990
E-mail im006074@im.ritsumei.ac.jp

立命館大学 映像学部HP
http://www.ritsumei.ac.jp/eizo/index.htm
posted by studioREBARD at 01:26| 告知

2008年06月13日

えべつ環境広場にて上映

来る6月14日(土)に行われる江別環境イベント『えべつ環境広場』にて、『リアの島』が上映されます。
今回のイベントテーマは、『リアの島』テーマでもある環境問題。
お互いにマッチしておりとても楽しみな組み合わせになっています。
当日は東京より監督 芳井勇気も駆けつけ、皆さんとともに環境問題について考えていきたいと思います。
上映後のディスカッションもぜひお楽しみください。

今、自分たちに何ができるか?
何が必要か?
どう思うのか?

若い世代が捉えた環境問題について感じてください。


とき: 6月14日(土) 15:00より
    上映 15:10-16:10
    討論 16:10-16:40

場所: 江別市野幌公民館(JR野幌駅より徒歩5分程)
    [詳細]   

料金: 無料

出演: 芳井勇気


たくさんの方のお越しをお待ちしています。

[えべつ環境広場]
posted by studioREBARD at 21:20| 告知

2008年03月06日

札幌上映会終了

 みなさん、初めまして。今回からブログを担当するstudio REBARD広報担当の松野です。

 去る2月16日「リアの島 札幌上映会」は大盛況のうちに無事終了いたしました。当日は猛吹雪という悪天候でしたが、多数の方にご来場頂きました。ご来場いただいた皆様方に、studio REBARDを代表して心から感謝、御礼申し上げます。

 映画「リアの島」を通じてより多くの方にstudio REBARDを知って頂く事となりました。それはstudio REBARDにとって幸いであると共に重要な責任の伴う誇りでもあります。

 また会場でご記入いただいたアンケートや寄せられたご意見、ご要望はstudio REBARDを勇気付けてくれます。その叱咤激励の声を元に、皆様のご期待に沿える作品作りのため日々努力して参りますので、これからも変わらぬ応援のほどを、よろしくお願い致します。

 次回、REBARDブログでは「映像製作団体 studioREBARD」について触れていきたいと思います。
posted by studioREBARD at 23:24| REBARDの日常

2008年02月15日

2/15 プレイベント in Apple Store

いよいよ上映イベントが明日に迫ってきました!
そこで本日 2月15日(金)はプレイベントです。

『Apple Store, Sapporo』(南1西3 百貨店三越 隣)

『リアの島』芳井監督 リアの島のワンシーンを用いた色補正等のワークショップ
『まぶしい嘘』長沼監督 メイキングを用いたカット割等のワークショップ

芳井監督×長沼監督 スペシャルトーク(プロに向けて北海道での映画制作)

入場無料! どなたでも参加できます。
サイン会も企画しています。


さらに2月16日(土)『リアの島上映イベント』
ブログ特典 チケット取置き!
明日2月16日(土)AM 9:00までに下記アドレスにご一報ください。

k_kuramoto@yahoo.co.jp (担当 クラモト)まで

タイトルに「チケット取置き希望」
本文にお名前とご連絡先、午前・午後のご希望のプログラム。
参加人数をお書きください!

当日はお書きになったお名前を受付にお告げください。
前売チケットが発券されます。

なんと明日になってもチケットを前売料金1000円で取置き致します。
一般の前売は本日いっぱいまでですのでブログ大特典です!

ぜひご利用ください。
ご連絡お待ちしております。
posted by studioREBARD at 12:47| 告知

2008年02月12日

リア役のコメント

今回は予定を変更して・・・
長沼監督のコメントを頂くはずでしたが・・・

『リアの島』主演女優 リア役からコメントを頂きました!

- リア役より -
こんにちは。
この度2度目の上演が決まりまして、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです!
その反面…打ち上げの帰り“もうみんな会えないんだね…”と言って、朝役の娘と流した涙とどうしようもないわびしさはどこへやら。
結局上演会で、またみんなと会ってるやぁ〜ん。
まぁこのうえない喜びではありますが、「ちょっと泣いた分の水分もったいなかったなぁ〜」なんて思っちゃってます。

『リアの島』では素敵なスタッフさん達のおかげで伸び伸びと演じる事が出来ました!
この場を借りて、お礼を言いたいと思います。
監督はじめ、スタッフさんの皆様、映画に携わり支えてくださった方々、皆様方のお力添えがなかったらこの様に、2度目の上演も実現する事はなかったと思います。
本当にありがとうございます。
まだまだ未熟な演技ではありますが、どうか温かい目で見ていただけると嬉しいです。
私の初主演映画としてこの『リアの島』をこのメンバーで行えた事を誇りに思います。
また、今後のリバードの活躍も楽しみに見ていきたいです。
自分自身も演技を磨きあげて、再びスクリーンに映る事を目標に頑張っていきたいと思っています。
応援の程、よろしくお願いします!
でゎでゎ今日はこのへんで失礼します。
バイチ-笑っ


次回こそは長沼監督を!
そして芳井監督からもなんとしてでもコメント頂きます!
楽しみにしていてください。
posted by studioREBARD at 04:22| REBARDの日常

ちょっとそこまで

with_eizoko.JPG

今回は!

なんと長沼監督所属『映蔵庫』が単独上映会をされるとのことで遊びに行ってきました。

16日(土)の上映イベントでも流れる『まぶしい嘘』と『丹青な庭』の2本上映。
19時からは交流会もありました。

お客さんもかなり足を運ばれておられるようでした。
すごいですねぇ。

色々な方々とお話ができREBARDの活力となりました!
やっぱり人にふれるととエネルギーをもらえますね。
REBARDも負けずに頑張って参ります。

映蔵庫さん。
上映会成功おめでとうございます!


(写真:眞壁氏 長沼監督 映蔵庫主演女優さん 映蔵庫スタッフさん)
posted by studioREBARD at 04:06| REBARDの日常